ホーム > ウクライナのエチケット
ログイン
ユーザー名
(User name):

パスワード
(Password):




パスワード紛失
(Forgot Password)?


新規会員登録
メニュー
最新ニュース
ページメニュー

ウクライナでのエチケットとデート時の習慣

誤解を招かないために注意すること
  1. もし家庭に招かれたら、何かお土産を持参してください。例えばワイン、ケーキ、チョコレート、花のブーケなどが一般的です。
    もし子供がいる家ならば子供向けのギフトも用意するのがいいでしょう。
  2. ドア越しに握手をしないでください。不幸を招くとされ、忌み嫌われます。
  3. 中に入って握手するときは必ず手袋をはずしてしてください。
  4. ウクライナでは女性と握手をする習慣はありません。手にキスをする方がより信頼を得ることでしょう。
  5. 日本と似ていますが、家に入る時は玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えて上がってください。
  6. 当たり前ですが公共交通機関では子連れのお母さん、老人、身体不自由な人達に席を譲ってください。
  7. 格式あるレストランでは玄関でコート、ブリーフケース、鞄等がチェックされるので心得てください。
  8. 名刺を出すならばウクライナ語と英語両方の記載のある名刺を持ち歩いてください。
  9. 誰かの家でディナーの時、カジュアルな服装で行くことはOKです。
  10. 花を持っていくのであれば、奇数の花の数を持って行きましょう。(偶数は葬式の時です)
  11. スナックやタバコ類は周りの人とシェアし、配るようにしてください。
  12. 友人の家を訪れた時、出された食べ物や飲料は全て断らずに受け入れてください。
  13. 他人を賄う時、ウクライナ人は大変寛大な人達です。しかし出された料理は好き嫌いに拘らず全部食べてください。
    受け入れなければ無作法とみなされます。
  14. ビジネスの際の服装は正装してスーツでお出かけください。促されるまで室内では脱がないでください。
  15. ウクライナ正教会では女性はスカーフ、帽子を身につけますが、男性は逆に帽子を取ります。
  16. 決して親指を人差し指や中指の内側に入れるような真似はしないでください。敵対の証となります。
ウクライナの花に纏わる習慣
もし花を持っていくのでしたら奇数の花を持っていくようにしてください。貴方の彼女に花を持っていく時も同様です。
奇数の花を持っていくことを心得てください。ウクライナでは奇数の花を贈るのが作法だからです。
ウクライナ文化では偶数の花を人に贈るのは弔意の印であって、葬式の時以外の偶数の花の寄贈は、大変失礼なことなのです。
彼女を怒らせたり、その行為自体に嫌悪感を抱くことにもつながりかねません。
日本で黄色は幸運を招く色として考えられていますが、ウクライナで花を贈る際に黄色の花は避けてください。
花の黄色は不誠実や裏切りを象徴する色です。もし貴方が彼女に黄色の花を贈ったら、彼女は貴方との離別を考えるかもしれません。
乾杯でウクライナ女性に敬意を表す
ゲストとしてディナーに招かれた場合、乾杯の挨拶を準備しなければなりません。ウクライナの人々は本格的な乾杯のスピーチをすることが
社交的、伝統的な習わしであると考えています。
ホストはゲストに敬意を表し、通常では最初の乾杯の挨拶をします。ゲストは2番目に乾杯の挨拶をすることで、敬意を交換します。
3番目の乾杯の挨拶は家族や女性の友人・同僚などの、ウクライナ女性のためのお祝いの気持ちを表します。

 

貴方が挨拶をしたり、旅立つときにホストから1~3回程度キスされることを心得ていてください。
キスは挨拶とウクライナ女性と男性が幸運であることを祈る儀式的な振る舞いです。顔をしかめないよう注意してください。
決してウクライナの女性の額にキスをしないでください。額へのキスは御葬式の時にするキスです。
古風なデートの習慣
オデッサや他のウクライナの全ての都市にいる大部分の女性は現代的です。しかしながら、彼女達は西洋的な観点からは時代遅れと考えられる
デートの習慣に今も従っています。これらの文化的な違いがウクライナの美しい女性達に魅力を添える一因ともなっているのです。
以下にリストされたものは、ウクライナでは普通に考えられているデートの習慣の幾つかです。
  1. 花を贈る
    ウクライナで花は西洋世界よりもっと重要な役割を演じます。最初のデートで1輪のバラを贈るのが適切なマナーでしょう。
    もし貴方が彼女の家族に会うのであれば、花は欠かせないものと覚えておいてください。
    前記のとおり奇数の花を贈ってください。(偶数は葬式の時です)
    又、絶対黄色の花は買わないでください。それは、関係の終了を意味します。
  2. 良い身なりをすること
    ウクライナの人々は西洋世界に広がる利他主義的な“見かけは重要ではない”という価値観を持ちません。
    第一印象が彼らにとってはとても大事なことなのです。街道で人々はまず貴方の服装を見て、次に顔を見ていることに気づくことでしょう。
  3. 握手をしないこと
    ウクライナ女性は男性と会う時、握手をするのは女性的ではないと考えています。
    又、冬に男性と握手をする時、右の手袋を外してするようにしてください。これを失念すると貴方は作法知らずの無礼者と考えられます。
  4. 腕を差し出す
    ウクライナでは普通男女が一緒に歩く時、手をつないで歩きません。その代わり女性が男性の腕を取って組んで歩きます。
    道を横切る際、貴方は常に女性に腕を差し出すのを忘れないでください。車に乗り降りする時も同様です。多くの日本人はこのマナーを
    忘れがちです。二人がバス、タクシー、トラムなどに乗り降りする際、常に彼女に手を差し出し、乗り降りのサポートをしてあげてください。
  5. 常に注いであげる
    ディナーやバーで彼女のグラスが常に満たされていることに目を配ってください。男性は常に注ぎ役なのです。
    これはとても古い慣習ですが、深く根ざした習慣です。もしこれを失念すると彼女は貴方のことをテーブルマナーもない人と考えます。
  6. 飲みすぎないこと
    ウクライナ女性が欧米人や日本人に関心が高い主な理由の一つがウクライナではアルコール依存症の男性が50%にも及び、
    彼女達は失望し、欧米人や日本人に将来の夫を求めるのです。
    従って酒の席は横柄な態度をとることなく、自制をして臨まなければなりません。
  7. 彼女の家では靴を脱いで
    日本と同じで玄関で靴を脱ぎ、スリッパに履き替え部屋に入ってください。通常2~3足のスリッパはどこの家でも用意されているものです。
    もし不幸にもスリッパがなかった場合、靴下のまま部屋に入ってください。
  8. SEXのについて
    ウクライナ女性は欧米人女性と同様、SEXについてとても現代的な考え方なのだとお気づきになることでしょう。
    具体的に言えば、最初のデートでSEXに至る方もいれば結婚まではSEXはしないという方もいます。しかし大体はこの中間、
    つまり相互の思いやりや信頼関係が構築できたときにSEXに至ることが多いようです。
前
VISA・領事関係
カテゴリートップ
ウクライナについて
次
よくある10の間違い

Copyright © 2011 Nord Bride.com