ホーム > Money & Custom
ログイン
ユーザー名
(User name):

パスワード
(Password):




パスワード紛失
(Forgot Password)?


新規会員登録
メニュー
最新ニュース
ページメニュー

MONEY & CUSTOM ウクライナの関税規則


現行のウクライナの関税規則では、旅行者はタバコ200本、酒2L、ワイン2L、ビール10Lなどが免税です。
口頭申告によるウクライナ国内へ持ち込み可能な現金、小切手等の金額
・US$10,000相当を超えない額の外貨
・US$1,000までの小切手
・1,000ウクライナグリブナを超えない現金
 
関税申告の目安
・以前にウクライナ国外に持ち出したお金(事前申告が必要)
・US$1,000以上の外貨(上限はUS$10,000)
・外国の銀行やノンバンクによって発行されたUS$50,000までの小切手
・US$10,000以上の外貨や小切手の所持は旅行者による自筆の書面が必要となります。

 

輸入が禁止されているもの;健康に有害な物体、環境に害を及ぼすと同様に人や動物の生命を危険に晒すもの。
戦争、人種差別、集団殺戮のプロパガンダを含むアイテム、ウクライナ憲法の規範に抵触するプロパガンダを含むアイテム、
産業の権利や知的所有権侵害に値する輸入アイテム。旅行者はウクライナ出入国に際し、価値の如何に拘らず全ての現金、貴金属、
宝飾品について申告しなければなりません。無申告のいかなる物品も没収の対象となります。
税関から受け取った全ての書類に記入して通関してください。これらの書類はウクライナ出国の時、再び必要となりますので
失くさないようにしてください。
申告が必要な物品、現金をお持ちの方、例えば禁止された物品、US$1,000又は85グリブナ以上の現金や500グリブナを超える宝石類、
1L以上のアルコール飲料、200g以上のタバコを所持されている方は赤いマークの通路にお並びください。
申告のする必要のない方は緑の通路にお並びください。


 

芸術的、歴史的価値の高い物品はウクライナ文化省発行の許可証がなければ輸出は不可
次の物品に対してこの適用があります。芸術作品或いは芸術作品の一部、考古学的物品、古銭、貴金属、写本、1966年以前の刊行物、
1945年以前の家具調度品、手織りのカーペット、お茶沸かし器などがこれにあたります。
芸術品を買う際、その価値と芸術的重要性について証する証明書を業者に話して手に入れられることをお勧めします。

注意1
ウクライナ入国に際し持ちこんだ現金の申告時、裏表なく正確に申告してください。価値のある物品に関しても同様です。
注意2
ウクライナ出国時に申告フォームの記入が求められます。現金以外の所持する貴重品全てはウクライナ入国時と同じであった方がよいでしょう。
入国時より多額の現金を出国時に所持していた場合、税関でトラブルになる可能性がありますのでお勧めできません。
注意3
ウクライナ入国時の税関申告書を失くした場合、税関職員は貴方の全ての貴重品、現金を没収できる権利を与えられています。
税関申告書はパスポート同様に失くさないようにしてください。
注意4
国際郵便を使って現金を送らないでください。この様にして送られる現金は没収の対象となります。
 
ウクライナの通貨
 
通貨はグリブナ(UAH)です。国内の全ての銀行、レストラン、お店、バー、ナイトクラブ等全ての購買行為がこのグリブナでされています。
私的なアパートの家賃支払いなどはユーロやUS$でもなされることもあります。
ユーロ、US$、英ポンドは最も流通している外貨です。両替レートは国際為替相場に連動しているので毎日変わります。 
注 : 1UAH (ウクライナグリブナ) ≒ \4.00(2018年3月現在)
 
 

Cash

グリブナへの両替は両替所や銀行で出来ます。ウクライナの都市全てのダウンタウンにはこうした両替所が無数にあります。
但し日本円の両替はウクライナではできませんのでご注意ください。
日本国内でUS$かユーロに予め両替しておけばウクライナでグリブナに再両替できます。
現地では飲食、交通、遊興費、雑費の支払いは現金払いが主体です。
予め日本で両替し、余裕をみた滞在日数分の外貨を必ずご持参して下さい。(USD、EUR 等)
 

為替レート : 1UAH (ウクライナグリブナ) ≒ \4.00 (2018年3月現在)

 

注意
皺がなくマークや切れ目のない綺麗な紙幣であることを確認してください。
紙幣の小さいマジックの痕でも偽造紙幣判別機が紙幣を弾いて両替を拒むことがあります。
道端で通りすがりに個人的に紙幣を交換することは絶対避けてください。
偽造紙幣かもしれず不法で危険です。

 

Credit Card

VISAとMasterカードであれば使えますが、高級レストランや幾つかのお店を除いてクレジットカードが使える場所は少ないです。
但し、カード裏にPLUSやCirrusのマークが記載されてあればATMでキャッシングによるグリブナでの現金払出しは可能です。

注意
ウクライナ渡航前にお使いのカード会社に貴方のカードがウクライナで使用可能かどうかカード会社にお問い合わせください。
時折カードにロックがかかって使えない場合があります。

 

Travelers Check

トラベラーズチェックは今や日本でも取扱いが非常に少なくなりました。
ウクライナでTCは
一般的に市内のショッピングや飲食には使えません。

 

ATM
ATMカードは広く使われています。銀行やATMに行けばどこでも使えます。ATMではグリブナで払い出しをし、
ATMによっては3%の追加手数料でUS$の払い出しもします。画面の言語はロシア語、ウクライナ語、英語です。
ATMによっては仏語や独語の画面表示が出るATMもあります。
前
ウクライナ女性とは
カテゴリートップ
ウクライナについて
次
Odessa Information

Copyright © 2011 Nord Bride.com